カブり気振れ

カブと山とカメラの日常

C50カブで北海道一周 帰郷編 21日目パート2(2017年9月10日)

 

 

お久しぶりですー(・ω<)

なんと前回から数ヶ月ぶりの更新となりました。

すっかりと忘れられつつある当ブログですが、こっそり更新していきますよ!w

 

今回は北海道ツーリングから本州へ戻った帰郷編。21日目の後半を綴ります。

 

北海道ツーリングの1日目はこちら

 

21日目の前半はこちらです。

 

 

恐山 → 酸ヶ湯温泉

時刻は10時過ぎ。

恐山を後にして、今度は下北半島を南下してゆきます。

R279に入ってからは津軽湾沿いに進みます。

途中の道の駅で安かったおこわおにぎりとホタテの素揚げ?を食らう。

 

 

その後はR4に合流して七戸まで爆走。

このまま4号線を進むのが最短なのかもしれませんが、まだまだ寄り道をしていきます!

 

せっかくここまできたので、八甲田の温泉に寄りたいと思います。

R394から八甲田・十和田ゴールドラインへショートカットして入ります。

 

このショートカットした道がまた気持ちよかった。

奥羽牧場沿いにある小道で、牧場の中をぶった切る並木が北海道を思わせるようで、懐かしいような気持ちになりました。

写真を撮らなかったのが悔やまれます!

参考画像:家畜改良センター 奥羽牧場

http://www.nlbc.go.jp/ouu/photo-gallery/bokujyonofuukei/image3.jpg

http://www.nlbc.go.jp/ouu/photo-gallery/bokujyonofuukei/

 

 

そして八甲田・十和田ゴールドラインに入り、山登り。

1速、2速でゆっくりトコトコ峠を登っていきました。

 

白樺並木のトンネルがあったり、高度をを上げるとハイマツ帯に入り、山岳地形の要素が漂ってきたり、変化に飛んで楽しい道でした。

 

何台かの車に追い抜かれつつ、お目当ての温泉に到着。

八甲田の名湯、酸ヶ湯温泉です!

 

酸ヶ湯温泉といえば、なんと行っても名物「ビバ千人風呂」ですね。 

総ヒバ造りで建てられた浴場は大正時代に築造され、非常に趣があります。

広さも160畳あるとのことで、実際は言ってみると、写真で見る以上に天井が高く、広かったです。

混浴ですが、高めの壁が脱衣所から湯船まで経っているので、比較的女性でも入りやすそうでした。

泉質はPHが低めな酸性の硫黄泉。お湯を舐めてみるとたしかに酸味があります。濃度が高く、湯治には良さそうですね。

名湯の名にふさわしく、非常に満足できる温泉でした。

 

酸ヶ湯温泉奥入瀬渓流十和田湖

さっぱりしたところで次のスポットへ。

ゴールドラインを十和田方面に進み、奥入瀬渓谷に入りました。

奥入瀬渓流十和田湖から焼山までの14kmの流れを言うそうで。

ここもところどころ立ち止まりながら進むことにします。

f:id:shibuiku:20180725221607j:plain

この日の奥入瀬渓谷は雨のあとなのか、すこし濁りがかっている様子。

f:id:shibuiku:20180725221615j:plain

石ケ戸付近。こんな流れが緩やかなところもあるんですね!

 

f:id:shibuiku:20180725221630j:plain

奥入瀬渓谷では特徴的な流れが場所に名前がついているんですね。

こちらは有名な阿修羅の流れ付近。

 

f:id:shibuiku:20180725221624j:plain

水流の渦。スローシャッターでパシャリ。

 

f:id:shibuiku:20180725221643j:plain

滝もいくつかあって、瀑布街道とも呼ばれてるとか。

こちらは雲井の滝。

 

f:id:shibuiku:20180725221733j:plain

上流に行くにつれて水がきれいになってきました!

 

f:id:shibuiku:20180725221740j:plain

こちらは銚子大滝。
落差は小さいですが、幅が広く、奥入瀬川の流れが一気に落ち込み、非常にダイナミックです。

そんなこんなで十和田湖へ到着。

 十和田湖についた頃には夕暮れに。

 

十和田湖 → 大館

ほんとうは十和田湖のキャンプ場に泊まるつもりですが、シーズン外れのキャンプ場は人気がなく、テントを張るには勇気がいる雰囲気・・・

おまけに付近にコンビニもないので、街まで下ることにしました。

道中、ついにカブのメーターが3万キロを突破!

 

この日は大館市内の満喫に泊まることに。

満喫の隣りにあった見覚えのある建屋のごはん屋で夕食。

これが意外と当たりでした。

かつ重と讃岐うどん小のセット。@800円

結構お客が入っていて人気店の模様。

ハローマック跡地が有効活用されてて謎の感動w


 

ちなみに泊まった満喫、快活CLUB大館店ですが、2018年の2月に閉店になった模様w

結構平日でも賑わったと思ったんだけどね~この1年間で何があったんだw

島田屋はまだまだ元気に営業しているそうですよ!

 

そんなこんなで21日目終了。

本州に入っても見どころ沢山で凝縮された1日でした。

 

走行距離:284km

走行ルート:

f:id:shibuiku:20180725231108p:plain

 

C50カブで北海道一周 帰郷編 21日目パート1(2017年9月10日)

 

かなり遅筆なブログになってますが、決して三日坊主じゃないですよ!

ここまで見ていただいたみなさま、ありがとうございます。ぶーしーです。

 

原付カブで行く北海道ツーリングの旅。いよいよ北海道から離れて帰郷へ向けた旅となります。青森大間から、神奈川の茅ヶ崎まで3日掛けて走破していきます。

21日目のこの日は青森、大間から八甲田の酸ヶ湯十和田湖を経由して秋田県大館市まで進みます。この日はハイライトが多かったので、その前半をお届けします。

 

大間崎テントサイト → むつ矢立温泉

北海道ツーリング、21日目。

ついに北海道から離れて、本州に上陸。ここからは帰郷の旅となります。

この日は本州の端っこ、大間から南下して田沢湖近辺を目指す予定です。

 

が、、、

 

早朝5:00。テントを叩く嫌な音で起床。

外を覗くと結構な量の雨が、、、

雨雲レーダーを見ても強い雨がしばらく続く模様。

この日の行程は結構長めの予定。7時には出発したいところですが、雨は9時過ぎまで降りそうな予報。仕方がないので、雨の中テントを撤収します。

炊事棟が広くて助かりました。

同じくテントのライダーさんも撤収を始めていました。

 

雨の中、下北半島を南下します。

案の定ビチョビチョになりました。冷たい雨で体が芯まで冷えてこの度一番辛い区間になりました。

あまりに寒く、むつ市内に入ったところで限界に。調べると近くに温泉があるようなので、速攻で向かいましたw

 

 

むつ矢立温泉

むつ市の北側。恐山に向かう道中付近にある温泉です。

これが、意外にも鄙びたいい温泉でした。

http://mutsu-yado.com/swfu/d/r-6a.jpg

むつ矢立温泉 - むつ市旅館組合 より

 

キャンプ場とゴルフ練習場が一体となったような施設の一部のようです。

温泉の建屋は昭和感がありつつも決して汚く無く、いい感じの鄙び具合でした。

浴槽も木の浴槽でいい感じの雰囲気です。

http://mutsu-yado.com/swfu/d/r-6b.jpg

むつ矢立温泉 - むつ市旅館組合 より

温泉は43度ぐらいの結構熱め。厳選掛け流しのお湯は床に溢れて、そこに寝そべって温まるのが地元流。寝湯用にちゃんと木の枕も置いてありますw

泉質は鉄分を含むナトリウム泉。やや白色に濁りみがあります。

入浴料420円とお得な銭湯スタイルなので、備え付けシャンプー、石鹸はありません。

 

かなり熱いお湯でしたが、泉質もよく、思いがけずいい温泉に巡り会えました。

近くに寄ったらまた来たいですね。

 

 

むつ矢立温泉 → 恐山

温泉から出るとちょうど雨も上がっていました。やっと本調子で進んでい行けそうです。

さて、この津軽半島に来たらぜひ行ってみたい場所があったのです。

下北半島のほぼ真ん中に位置する『恐山』です。

高野山比叡山とともに日本三大霊場とか三大霊山などと呼ばれていて、霊が集まる場所として古くから信仰を集めていたそうです。

なんとなく、おどろおどろしい殺伐としたような雰囲気といったようなイメージがあったのですが、実際にどんな場所なのか非常に気になっていたので、寄ってみることにしました。

f:id:shibuiku:20180425232231j:plain

菩提寺境内。かなり広い。

境内には参拝料のみで入れる温泉があります。軽く覗いてみたら先客がいたようなのでスルー。泉質はもちろん最高らしいので、また来る機会があったら入ってみたいですね。

f:id:shibuiku:20180425232243j:plain

ここまでは普通のお寺の感じ。

ここを左手の山側に登っていくと・・・

f:id:shibuiku:20180425232250j:plain

景色が一変。ゴツゴツとした岩場が現れました。

f:id:shibuiku:20180425232323j:plain岩場の隙間から蒸気が上がる場所もあり、まさに地獄絵図とはこのことかと思いました。「無限地獄」や「血の池地獄」など136の地獄があるそうです。

f:id:shibuiku:20180425232313j:plain

小石を積んだ山や卒塔婆にお地蔵様が点在し、ところどころには風車が刺さり、カラカラと音を立てて回っています。

f:id:shibuiku:20180425232257j:plain

さらに進んでゆくと、湖が見えてきます。

f:id:shibuiku:20180425232406j:plain

先ほどの荒々しい雰囲気から一点。エメラルドグリーンの湖面に白い砂浜。

南国リゾートを思わせるこの場所は「極楽浜」と呼ばれているそう。

地獄の雰囲気からは想像できない神秘さ、神聖ななにかを感じました。

f:id:shibuiku:20180425232336j:plain

本州の紅葉も進んでいて、鮮やかな赤、黄色が、エメラルドグリーンに映えていっそう綺麗でした。

 

怖い場所を思い浮かべた恐山でしたが、確かにおどろおどろしくも美しい、心が洗われるような不思議な気持ちになるスピリチュアルな場所でした。 

今度はタオル持参で行ってみたいです。

 

21日目パート2へ続きますー。

C50カブで北海道一周 21日目(2017年9月9日)

 

執筆の頻度が徐々に遅くなりつつある今日このごろw

今回はスーパーカブで行く北海道ツーリング、いよいよ道内最終日の記事です!

 

函館市内散策

午前中は、まず溜まってきた洗濯物を処理すべく、近くのコインランドリーへ。

 衣服に関しては、4日分持って、3日毎にコインランドリーで洗ってルーチンさせてました。

結局1回しか登らなかった山登り用の衣服だったり、雨用装備だったり、色々改善の余地がある装備でしたが、それは総括の記事で書きましょう。

 

昼は親戚宅でごちそうになり、午後から函館市内を散策。

函館には何回か観光しに来たことがあるので、軽く周る程度で。

有名な坂を登ってみたり。

 

ラッキーピエロによったり。

赤レンガ倉庫の周りをぐるっとしてみたり。

 

温泉に浸かってみたり・・・

 

谷地頭温泉

温泉はここに入りました。

函館山の麓にある公衆浴場的な温泉でした。

大人420円と銭湯価格で入湯できます!

元々は市営の温泉だったんですね。確かに建物が役所系の箱物感が凄いですw

お湯は濁りがかった淡黄色で舐めると鉄っぽくてしょっぱい感じでした。湯量が毎分300リットルと豊富なので、全浴槽が源泉かけ流しだそう!お湯が贅沢に浴槽外へ流れていました!

 洗い場はお湯と水の蛇口が別々になってて、ボタンを押した分だけ出る昔ながらの銭湯スタイルですw簡易的なシャワーが付いているところもありました。数がめちゃくちゃ多く広々していました。シャンプーと石鹸は常備されていなかったです。お風呂セットの持参が必要ですが、タオルとシャンプーのレンタル販売もあったので、手ぶらでも来れるでしょう!

 浴槽は、高温、低音、泡風呂の3つの内湯と、五稜郭の形をした露天風呂が1つ。サウナも1つ設置されていて、スパ銭並の設備です。

露天で聞こえる鳥の声がとても心地よくずっと露天で浸かっていました。

泉質もよく非常にコスパの良い温泉でした!

 

ハセガワストア

ゆっくり浸かったところで、フェリーの時間が近づいてきたので乗り場に向かいます。

道中に函館B級グルメ「やきとり弁当」でお馴染みのハセガワストアを見つけたので、買い出しがてら寄ってみました。

店に入った瞬間、店の中央に鎮座する調理場にビックリw

とりあえず、ワンコインで食べられる小を注文してみました。

お弁当はこんな感じ。

下船後のキャンプ地で食べましたが、タレが染み込んで美味でした。

 

函館フェリーターミナル

ハセガワストアで焼き待ち人数が多く、到着が結構ギリギリになってしまいましたw

チケット購入したらちょうど乗船開始の時間でした。

今回は大間方面に向かいます。

バイクの方も結構いました。

そして出港~

f:id:shibuiku:20180407224917j:plain

 

自衛隊に買い取られた高速船、「ナッチャンWorld」が。

 

雑魚寝スペースで仮眠をしてたらあっという間に到着しました。

 

大間崎テントサイト

下船すると真っ暗。

今日は大間のフェリーターミナルのすぐ近くにある無料キャンプ場に設営です。

 

 21日目おわり

走行距離:58.5km(フェリー含む)

走行ルート:

f:id:shibuiku:20180407224745p:plain